ABOUT CLASIS HOME

クラシスホームの家づくり
耐震性・耐久性ともに
優れた仕様で安心

01

耐震性において「耐震等級3」
相当の耐震設計

耐震性において「耐震等級3」相当の耐震設計

耐震等級3相当の住宅は耐震等級1の住宅に比べ、地震などの外力に対しての倒壊・崩壊や損傷にに耐えうるレベルが1.5倍であることを表します。

クラシスホーム「耐震等級3」相当の性能でご提案しています。 ※ご希望の間取りによっては耐震等級3相当にならない場合もございます。

耐震等級1

阪神・淡路大震災相当の地震でも倒壊しない程度(建築基準法レベル)

一般の戸建て住宅

耐震等級2

阪神・淡路大震災相当の1.25倍の力の地震でも倒壊しない程度

病院や学校

耐震等級3

阪神・淡路大震災相当の1.5倍の力の地震でも倒壊しない程度

消防署や警察署など
防災拠点となる建物

クラシスホームの家は同等レベル

長期優良住宅の基準 クラシスホーム
耐震性 耐震等級2以上

最高等級3

防災拠点(警察賞・消防署)や放射生物質貯蔵施設と同程度の最も強い耐震性。

耐久性 劣化対策等級最高等級3

最高等級3

大規模な改修工事が必要になる期間がおおむね75年から90年になる対策が講じられている。

断熱性 断熱等性能等級4

最高等級4

次世代省エネルギー基準以上。旧省エネルギー基準に比べ54%〜74%のエネルギー量を削減できる。

02

高耐久な「ベタ基礎」を 標準採用

高耐久なベタ基礎を標準採用

クラシスホームが採用している「ベタ基礎」とは、建物の荷重を地盤に対し面で伝える構造です。 面で伝えることにより建物の荷重を分散させることができ、地耐力が不足している場合には最適な基礎仕様になります。

高耐久ベタ基礎仕様

一般的な基礎は、過去の経験に基づき限られた規格内で設計されますがクラシスホームでは国で定められた、耐震等級3の基礎に基づき、基礎の構造設計を実施。一邸ごとのプランに応じた最適な基礎を実現します。

高耐久ベタ基礎仕様
高耐久ベタ基礎仕様の補強筋

梁と同様の役割を果たす基礎の立ち上がり部分を追加し補強

一般の木造住宅の基礎では、柱・壁のある部分(緑色の部分)にしか、基礎の立ち上がりを入れませんが、クラシスホームでは全棟で基礎の立ち上がりを基礎設計基準スパン表に基づきスラブ区画し補強設計をしています。

一般の木造住宅の基礎
クラシスホームの補強設計

03

構造の接合部分に 金物を使った地震に強い SS構造

金物を使った地震に強いSS構造

クラシスホームの構造体は、高強度なストロングストラクチャー構造(SS構造)。
一般的な軸組工法の通柱が4本程度であるのに対し、最大3~4倍の通柱を使用。
金物接合を使用した通柱により強固に一体化し、地震や台風の揺れなどによる荷重を分散。
一般の在来工法の1.5〜3.0倍の接合強度で、耐震性・耐久性の住宅を実現するとともに自由なプランづくりが可能となります。
※プランにより、通柱の本数が異なります。

一般的な工法とストロングストラクチャー構造(SS構造)の違いとは?

在来工法

通柱の構造

在来工法

一般の在来工法の場合、通常柱が4本程度しかありません。

通柱と梁の接合部


通柱と梁の接合部

通柱と梁に欠損部分が多く接合強度が弱くなります。

通柱と梁の接合部

クラシスホームのSS構造

通柱の構造

クラシスホームのSS構造

通柱がバランス良く配置され、より強固な一体の構造体になります。

通柱と梁の接合部


通柱と梁の接合部

通柱に金物接合を採用することで柱の欠損部分が少なくなります。

通柱と梁の接合部

通柱と梁の接合部

04

地震に強い 高強度剛床工法

地震に強い高強度剛床工法

クラシスホームの剛床工法では、ただ厚みのある合板を貼るだけではなく、屋外での使用も可能な接着性能を有した「特類」の合板を使用し、釘の種類・サイズ・間隔を定め、接着剤を併用して梁や土台・大引き等の床組にしっかりと固定します。

さらに、床組みとなる梁・土台・大引きをマス目状に組み上げることにより、一般的な剛床工法に比べ、約2.5倍(※)の強度を得ることができます。 マス目状に床組をした剛床構造は、耐震性を増すだけでなく、床の厚みもしっかりありますので、防音性・床鳴りの防止などにも効果があります。また、火災時には下からの燃え広がりを抑えることもできます。(※品確法で定められた床倍率による。)

一般的な床構造とクラシスホームの床構造の違い

一般住宅の床構造

一般住宅の床構造の1階床組

一般住宅の床構造の2階床組

クラシスホームの床構造

クラシスホームの床構造の1階床組

クラシスホームの床構造の2階床組

05

レッドウッド(オウシュウアカマツ)を主要な構造材に採用

レッドウッド(オウシュウアカマツ)を主要な構造材に採用

クラシスホームでは一般的な集成材に使われるホワイトウッドに比べ、耐久性が高く粘りのある「レッドウッド」を使用しています。
分布・産地はヨーロッパからロシアのシベリア地方まで広く分布しており、ヨーロッパ各国での代表的マツ類のひとつになります。

木材の心材は赤褐色で、辺財は淡黄白色をしており、材質はほとんど日本のアカマツと同じです。用途としては建築のほか健具、家具、杭木、電柱など日本のアカマツと同様な用途があり、大径で形質がよいので、より高く評価されます。

オウシュウトウヒの1.3倍の強度を持つオウシュウアカマツ

オウシュウアカマツ(レッドウッド) オウシュウトウヒ(ホワイトウッド)
曲げ破壊係数
(N/m㎡) 80〜100 77
(kg/c㎡) 800〜1000 770
引張強度
(N/m㎡) 104 95
(kg/c㎡) 1040 950
圧縮強度
(N/m㎡) 55 44
(kg/c㎡) 550 440
密度
(含水率12%の場合 kg/㎡) 520 441
耐菌性
Class3-4 Class4
中程度・わずかな耐腐性能 中程度・わずかな耐腐性能
乾材害虫
心材 浸食されにくい 浸食されやすい
辺材 浸食されやすい
出典:ヨーロピアンウッド日本

06

シロアリ対策も万全

シロアリ対策も万全

クラシスホームでは、防腐・防蟻処理の認証を受けたAQ認証材を採用。 シロアリの食害をうけやすく、腐朽の恐れが高い1Fの床組みの部分(土台・大引)に採用し、長期に渡って安心な防腐・防蟻対策をとっています。
また、外周部分の主要木部には地盤面から1m薬剤塗布を行うことで、さらに防腐・防蟻性能を高めています。

AQ認証

AQ認証とは?

AQ認証材は、品質性能試験を行い、認証を受けた優良な製品であり、「JAS」とともに信頼できる製品です。?

一般的な防腐・防蟻処理

表面塗布処理

薬剤を加圧注入した防腐防蟻処理

加圧注入処理材

07

強度に優れ、湿気にも強い
エンジニアリングウッド(集成材)を使用

エンジニアリングウッド(集成材)を使用

エンジニアリングウッド(集成材)は、厚さ20mm程度の挽き材に製材し、欠点を除いた後に積層することにより品質が安定化し、無垢材と比較して1.5倍以上の強度を実現。
自然乾燥に加え、乾燥装置により含水率を15%以下にまで下げ、反り・割れを防ぎます。

接着剤にも厳しい試験をクリアした安全なものだけを使用。

水分管理(含水率管理)

08

合成をつくるための接着性能は、最高レベルの「特類」を使用

合成をつくるための接着性能は最高レベルの特類を使用

接着剤の耐久性による分類は「類」で表され、「特類」と「1類」があります。「特類」は屋外または常時湿潤な状態にある場所に使用されるものを対象としており、接着剤はフェノール系樹脂と同等以上の性能を有するものが使用されます。
床合板や野地合板は「1類」でも使用可能ですが、クラシスホームでは構造部として使用される合板のすべてに、より接着性能の高い「特類」の合板を採用しています。

接着性能別のJAS企画分類
特類
主に使用される接着剤の種類 フェノール樹脂接着剤
試験方法及び特性 熱湯で72時間煮沸しても大丈夫な完全耐水性を有するもの
用途 建築物の構造用耐力部材で常時湿潤状態の場所でも使用できる合板
1類
主に使用される接着剤の種類 メラミン・ユリア樹脂接着剤
試験方法及び特性 熱湯で4時間煮て20時間乾燥させた後、また4時間煮ても大丈夫な接着性能を有するもの
用途 屋内及び長時間湿潤状態の場所でも使用できる合板
合成樹脂接着剤の耐候性
合成樹脂接着剤の耐候性

クラシスホームの家づくりに戻る

QUALITY-快適に過ごせる住まいづくりの工夫
Contact Us
クラシスホームの家づくりに興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お問合わせ モデルハウス見学
スタッフ紹介
STAFF
スタッフ紹介
スタッフ紹介
よくある質問
Q&A
よくある質問
よくある質問
メディア情報
MEDIA
メディア情報
メディア情報
採用情報
RECRUIT
採用情報
採用情報
地盤カルテ
LAND
地盤カルテ
地盤カルテ
インテリアショップ
インテリアショップ
インテリアショップ
Model House
緑店
春日井店
豊田店
津島店
岡崎店
ARBO(アルボ)