BLOG

ブログ
2019.06.05

簡単に手作り。ドライフラワーのある暮らし-ボタニカルショップarbo

近年人気を集めているドライフラワー。リースやスワッグにして楽しむことが多いですが、そのまま飾っても素敵です。ハーバリウムの材料としても活用できますね。

 

ドライフラワーは、じつはご家庭で簡単に作ることができます。お好きな花を選んで、ドライフラワー作りを楽しんでみませんか?

 

 

 

生花をドライフラワーにする方法

 

基本的に、束ねて吊るしておくだけ。重力で花弁が開いてしまわないよう、逆さまにして吊るします。

 

この時、花が壁に触れないように注意しましょう。少しでも壁に触れてしまうと、形が崩れたまま固まってしまいます。複数の花を一度に吊るす場合は、花同士が重ならないように気をつけて配置してくださいね。

 

 

 

吊るすのに適した場所

 

吊るす場所の選び方には、4つのポイントがあります。

 

・湿度を避ける

・暗い部屋を避ける

・風通しの良い場所を選ぶ

・直射日光を避ける

 

こちらをふまえると、カーテン越しの明るい室内がおすすめです。カーテンレールに吊るす方も多いですが、カーテンに接して花の形が崩れないように注意しましょう。

 

生花を楽しむ場合は、エアコンの当たらない場所に置くのが基本とされていますが、ドライフラワーにはむしろ、風がよく当たる場所の方が適しています。風が通り抜ける場所がないという場合は、人がよく通る場所に吊るすのがおすすめ。空気が動くことで、植物の水気が抜けやすくなります。

 

 

 

生花をドライフラワーにするタイミング

 

少しもったいない気もしますが、花が一番綺麗な状態の時にドライにするのがおすすめです。首がくたっと曲がってしまったり、しおれてしまった後だと、綺麗なドライフラワーにすることが難しくなります。

 

「生花を持ち帰る間に、少ししおれてしまった」という場合は、花にしっかりと水を吸わせて、ベストな状態にしてからドライにしてください。

 

 

 

ドライフラワーにおすすめの花

 

・ユーカリ

 

綺麗なままドライの状態になりやすいため、初心者にもおすすめです。香りも良く、お部屋の空気をフレッシュにしてくれます。

 

 

・バラ

 

バラは花弁の数が多いため、水分が抜けるのに時間がかかりますが、しっかりしているためドライフラワーに適しています。ドライにすると色が濃くなり、シックな印象になって、生花とは違った魅力を感じることができますよ。

 

バラは品種やカラーのバリエーションも豊富なので、お好みに合わせて選んでみてくださいね。

 

 

・グラスペディア

 

(別名ドラムスティックとも呼ばれるグラスペディア。その名の通りの面白い形をしていますよね。)

 

ドライにした後も、色や形の見た目の変化が少ないのでおすすめです。まん丸とした個性的な形の花がなんとも可愛らしいですね。

 

生花として飾っていると花粉が出てくるため、花粉に気が付いたら早めにドライにしてください。

 

 

・紫陽花(アナベル)

 

花部分が大きいため存在感があり、紫陽花をお部屋に飾るだけでパッと目を引きます。収穫の時期を見極めれば、綺麗なドライフラワーになりやすいですよ。

 

【ご注意!】日本に自生している紫陽花は、ドライにするのは難しいです。特に梅雨の時期の紫陽花は、水分がたっぷり行き渡っているため、ほとんど失敗してしまいます。日本の紫陽花をドライにしたいのであれば、夏の終わりの秋色になった紫陽花を狙うと成功しやすいですよ。

 

(ドライフラワーに向かない品種もあるので、品種名をチェックしたり、店員に聞いてみたりしてくださいね。)

 

 

 

スワッグの作り方

 

(組み合わせや包装によっては、シックにもキュートにも仕上がります。はじめにどんなイメージにするか決めておくと良いですよ。)

 

 

花を選んだら、ゴムで括ります。麻紐を使っても素敵ですよ。この時、花がばらけてしまわないようしっかりと結んでください。また、花同士が重なり合ったり、奥に埋もれてしまわないように、一つひとつの花の向きや配置に気をつけて、綺麗に見える状態で固定しましょう。

 

そのまま飾っても素敵ですが、麻布で包めばナチュラルに、英字新聞を使うとラフでスタイリッシュな印象になりますよ。リボンをつけるだけでもシンプルながら可愛らしく仕上がります。あえて包装はせず、紐だけで仕上げるというのも一つの手です。

 

(OPPで包むだけでも、花自体の色や形が活きて、素敵に仕上げることができます。)

 

 

 

[おまけ]ディスプレイのアイディア

 

(ドライフラワーは水を必要としないので、どんな場所にもディスプレイできます。)

 

洋書などの厚めの本を一度大きく開き、背表紙とページの隙間を作ります。そこにドライフラワーを刺すことでオシャレなインテリアに早変わり。アンティークなムードが素敵です。使用する本によって印象が変わるので、花との組み合わせを色々と試してみてくださいね。

 

 

 

ドライフラワーのある暮らし
〜クラシスホームのお施主様事例より〜

 

 

 

 

 

おわりに

 

 

 

いくつかのポイントをお伝えしましたが、基本的には吊るすだけ。生花とはまた違ったドライフラワーの魅力を、ぜひ感じて見てください。

 

ボタニカルショップarboでは様々な種類の生花やドライフラワーを販売しています。生花はドライフラワーにしやすいものを多く取り揃えているため、初心者から上級者まで幅広い方におすすめです。

 

綺麗に乾燥させるコツや、季節のおすすめなども気軽に聞いてみてくださいね。

 

▶︎ボタニカルショップarboのWebサイトへ

お問い合わせ
Contact Us
クラシスホームの家づくりに興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ・資料請求お電話 または メールフォーム モデルハウス見学 お客様相談室ご意見・ご要望はこちら
スタッフ紹介
STAFF
スタッフ紹介
スタッフ紹介
よくある質問
Q&A
よくある質問
よくある質問
メディア情報
MEDIA
メディア情報
メディア情報
採用情報
RECRUIT
採用情報
採用情報
地盤カルテ
LAND
地盤カルテ
地盤カルテ
Blog
BLOG
ブログ
インテリアショップ
モデルハウスサムネイル画像
緑店
モデルハウスサムネイル画像
春日井店
モデルハウスサムネイル画像
豊田店
モデルハウスサムネイル画像
津島店
モデルハウスサムネイル画像
岡崎店
モデルハウスサムネイル画像
半田店
モデルハウスサムネイル画像
一宮店 
モデルハウスサムネイル画像
インテリアショップ ARBO
モデルハウスサムネイル画像
ボタニカルショップ arbo

資料請求・お問い合わせ

モデルハウス見学