カタログ請求

来場予約

INTERVIEW お客様インタビュー

ただの箱ではない、こだわりを詰めた家づくり

愛知県瀬戸市 I様

トップ

お客様インタビュー

愛知県瀬戸市 I様

素材感を活かした内装・外観デザインや、ライフスタイルに合わせた間取りなど、家づくりのイメージをしっかりとお持ちだったI様ご夫婦。建築計画や、クラシスホームを選んでいただいた理由、住まわれてからの感想など、こだわりのお住まいが実現するまでのエピソードを担当ホームアドバイザーも交えて詳しくお伺いしました。

Q.どのようなきっかけで家を建てることにしたのですか?

ご主人様:
妻と入籍したころから、家づくりを意識し始めました。夫婦二人ともインテリアや雑貨を見るのが好きだったので、自分たちのこだわりを取り入れた家を建てたいなと思っていました。ある日突然思い立ったのですが、「暇だから、試しにどこかおしゃれな建築会社へ見に行ってみようか」という感じでネット検索をして。そうしたら、お洒落な洗面台の写真を見つけて、それがたまたまクラシスホーム半田店だったんです。気になってすぐ電話をしてみたら、「今から見学していただけますよ」と言ってもらえて、ふらっと立ち寄ったのが最初ですね。

Q.当時、クラシスホームのことはご存じでしたか?

ご主人様:
全然知りませんでした。

Q.実際に半田店のモデルハウスをご覧になって、感想はいかがでしたか?

ご主人様:
すごくお洒落なので、「こういう家を建てれたらいいな」と思いました。間取りも自分たちの理想に近かったのでイメージもしやすくてよかったですね。モデルハウスを見たことで、より家づくりの意欲が湧いてきました。

Q.土地探しからの計画とのことですが、こちらのお土地はどのように決められましたか?

ご主人様:
クラシスホームさんへ見学に行った当初は、まだ具体的な土地も、どのエリアに住みたいかも、全く決まっていませんでした。担当ホームアドバイザーさんから土地の候補をいろいろと出してもらいつつ、並行してネット検索や不動産屋さんに問い合わせるなど自分たちでも探していました。
僕が田舎の方に住みたいという気持ちが結構強くて、郊外でいいところがないかと探していたら、ここのエリアを見つけました。いくつか気になる土地を実際に見に行って、写真を撮って、担当ホームアドバイザーさんに相談するという流れでした。その候補の土地の中から、担当ホームアドバイザーさんがこの土地を選んでくれました。

担当ホームアドバイザー:
このエリアは場所によってものすごく起伏が多く高低差があるんです。道路一本またぐだけでも全然違っていました。I様ご夫婦は元々建物の間取りやデザインにイメージやご要望をしっかりとお持ちだったので、できる限り土地の予算は抑えたいと思いました。高低差が大きいと造成費などの負担が増えてしまうため、高低差の少ない土地や、また日当たりのよさなどもトータルで考慮して、お二人のご要望を実現するために一番バランスが良いこちらのお土地をおすすめしました。

ご主人様:
自分たちの要望を叶えるためには、四角形に整った土地とか、間口が10m以上の広い土地が必要かなと思い込んでいました。ここは地形が台形の変形地なので、候補には残しつつも他の土地にばかり意識が向いていました。でも造成費のことや周辺環境など、担当ホームアドバイザーさんが専門的な目線でアドバイスをしてくださったので、とてもよかったです。最終候補としては全く考えていなかった土地ですが、プランを出してもらったら変形地でも自分たちの希望が叶うとわかり、おすすめしていただいたここの土地で決めようと思いました。

Q.クラシスホームでの家づくりを決めた理由はなんでしょうか?

ご主人様:
他に検討していた工務店が2社ありましたが、あくまでパッケージ化されていて、パッケージからはみ出した要望だと「できないです」と言われてしまいました。クラシスホームさんからは「これはできません」と否定されることがなく、枠にはまっていない自由度の高さがすごくよかったです。自分たちはいろいろと要望があったので、そこを聞き入れてもらえそうだなというのは大きかったですね。「これはできないんだ」とか「これはダメなんだ」とガッカリするようなことは全くなかったですね。

奥様:
こちらが無茶なことを言っても、すぐ否定されることなく、少しでも要望を取り入れた何かしらの提案を返してくれたのも好感が持てました。

ご主人様:
あとは、担当ホームアドバイザーさんの人柄ですね。ガツガツと営業してくるタイプではなくて、自分たちのこだわりをしっかりと聞いてくれて、受け止めてもらえました。

担当ホームアドバイザー:
お客様の希望の家づくりを伺って、クラシスホームで体現できるならご提案しますし、体現できないことはきちんとお伝えした上で、できる限りご要望に近づけるようお手伝いしています。僕自身、営業の姿勢は「売る」という感覚ではないですね。注文住宅はお客様と一緒にゼロから作り上げていくものなので、ワイワイと楽しみながら進めていけたらなと思っています。I様ご夫婦は、家づくりについて必要なところはお二人できちんと話し合ってくださっていましたし、僕らの想定以上に準備してくださったので、お二人のご要望がしっかりと伝わってきました。

ご主人様:
結構ドキドキしながら希望を伝えていましたね。たぶん自分たちはやり過ぎなんだろうなって思って、恥ずかしくて。クローゼットやアイロン台や洗濯機の棚とかも、全部自分で図を手描きして相談していました。

担当ホームアドバイザー:
打ち合わせ前に一生懸命考えてきていただけるので、僕らもその熱意に応えたいと思っていました!

Q.家づくりのこだわりポイントを教えてください。

ご主人様:
まず、周りからの視線を気にせず過ごしたくて、コの字型やロの字型の間取りを希望していました。
外壁はクラシカルなタイルにしたいと思っていました。雑誌に載っていたタイルがとても綺麗で惹かれたため、そのタイルを使いたいと要望しました。
内装クロスの色目はグレーでまとめて、落ち着いた雰囲気にしたいと思っていました。
あと、お風呂や洗濯がまとまって行えるような家事動線を取り入れたいと要望しました。

Q.クラシスホームの担当者の対応はいかがでしたか?

奥様:
プランナーさんもとても話しやすかったです。

ご主人様:
間取りを描いてくれたのがプランナーさんでした。打ち合わせ中に要望を伝えたら、担当アドバイザーさんと話しながらずっと手描きのプランを描かれていて。その日の打ち合わせ終了間際に、イメージ通りのプランを提案していただいたのは驚きました!この短時間で希望が形になったのを目の当たりにして、すごく感動しましたね。そこもクラシスホームさんに決めたポイントの1つです。
ホームエンジニアさんは親身だなと感じました。要望を伝えたら、いろいろと案を出してもらえましたし、予算の調整も考えていただきました。

奥様:
要望を伝えると、一緒に一生懸命考えてくれました。家づくりを進めていく中で「大丈夫かな」と不安を感じることが一度もなかったのは、ホームエンジニアさんのおかげだと思います。

ご主人様:
僕らは内装デザインのイメージも強く持っていました。実際の家に当てはめたときに色味やデザインが合うよう、全体のバランスを整えてくれたのがインテリアコーディネーターさんでした。照明や洗面台の素材感なども相談しましたね。
あとLDKの吹き抜けの壁面に施した「SOLIDO」はインテリアコーディネーターさんから提案してもらいました。内観パースを作ってもらい、自分たちの好みと合っていたので是非取り入れたいと思いました!実際に仕上がりを見て、すごく満足しています。

Q.完成したお住まいに住んで、ご感想はいかがですか?

ご主人様:
以前の暮らしと比べて一番変化を感じるのは、季節を感じられるようになった点ですね。以前の賃貸の住居だと外を臨む窓が限られていましたが、新居は窓が大きくて植栽もあるので、新しい芽が出てきたり、葉が落ちたりと、暮らしの中で季節を感じられるようになり、そこが良かったです。お庭もあるので、これから家庭菜園も楽しみたいです!

Q.家づくりを検討されている方へ向けて、一言お願いします。

ご主人様:
価値観や予算のかけ方は人それぞれですが、私は家をただ入るだけの「箱」にはしたくなくて、自分たちの「一生住んでいく家」にしたいと考えていました。一生住む家だと考えたら、自分たちのこだわりを形にしてもらえたことで、とても満足度の高い暮らしを手に入れることができたと感じています。

RERATED CONTENTS

関連する記事

PREV

前の記事
インタビュー記事の写真

まじめな対応で、安心して家づくりができました。

愛知県岩倉市 I様