BLOG

ブログ
2020.02.21

仕事とくらしのバランスに考慮した美容師夫婦の住まい

今回は、クラシスホームが出版した書籍『ストーリーのある家づくり』から、「仕事とくらしのバランスに考慮した美容師夫婦の住まい/K様邸」をご紹介致します。

 

 

ネイビーの板壁×レンガを組み合わせたブルックリンスタイルの外観。

 

 

国道沿いで際立った存在感を放つこの建物が、ご自慢のヘアサロンです。

 

ふたりでヘアサロン「BEAST HAIR」を構えて10年に差しかかる頃に、サロンの移転計画が浮上しました。それまでの店舗のモダンな内装にちょっと飽きを感じていたご主人。

 

 

「次は何年経っても飽きのこない店にしたいね」というところから、建築計画が進んでいきました。

 

 

新店舗を建築するにあたってイメージしたのは、ニューヨークのブルックリン地区の街並にも馴染むような店構えでした。

 

 

ご主人は、建築雑誌やインテリア誌を山のように購入。ページをめくりながら、ブルックリンスタイルの建物がもつヴィンテージな雰囲気に、夫婦そろって心動かされたと言います。

 

 

(夫婦でヘアサロンを創業して12年目。「髪の毛はずっと主人が切ってくれています」と奥様。ご主人はサロンオーナーであり、奥様にとってビジネスパートナー兼専属スタイリストです。)

 

 

 

ご主人と奥様は、美容学校時代の同級生です。

卒業後、互いに別々のサロンで就業し、23歳の時にふたりで夢のサロンを開業しました。

 

 

「結婚することとお店をもつことがイコールではないのですが、その両方ともが、はじめからふたりのライフプランにあったように思います」とご主人は振り返ります。

 

 

雑居ビルの1階賃貸物件で始めたお店が軌道に乗り、家族も増えた頃、Kさん夫婦は名古屋市近郊に住居を構えました。

 

 

通勤は片道20分。ご主人が郊外の家を不便に感じたことはなく、移転計画の当初は店舗を新築するのが目的でした。

 

 

(大人から子どもまで多くのお客さんでにぎわうご夫婦の仕事場。)

 

 

 (店舗スペースはインダストリアルな風合いがテーマ。以前の店舗で天井材として使われていた木工板の風合いを奥様が気に入り、カラーリング剤のストックコーナーの壁面に採用しました。)

 

 

(家族のリビングは店舗兼住宅の3階にあります。「リビングのシーリングライトやダイニングテーブルは以前の家から使っていたものです。新たに買い足したものはソファくらいですね」とご主人。)

 

 

 

シンプルな色合いとブルックリンスタイルで

 

まとめた1階の美容サロン。

 

2、3階の居住スペースはインテリアで遊びを効かせ

 

リラックスできる空間に。

 

 

(スペース上、パントリーが設けられなかったため、キッチンは対面し、食品のストックや調理家電は仕切りの壁で見えないようにしました。「子どもたちの様子を見ながら、すぐに食事を出してあげられるところが気に入っています」)

 

 

 

「店舗の新築」という予定で計画も進めていたご主人ですが、いざ設計プランを詰めていくと、店舗の上に休憩スペースをつくってみてはどうか、もし、住居にするならこんな動線はどうだろう、と徐々に店舗兼住宅のプランに変わっていきました。

 

 

こうして完成した3階建ての店舗兼住宅。Kさん夫婦はくらし始めてから「良かった」と感じることが多々あったと言います。

 

 

「物理的に良かったのは、往復40分の通勤時間がいらなくなったこと。

 

 

それまでは登園時刻に合わせて毎朝通勤していたので、閉店準備までが慌ただしくて。通勤時間がゼロになったので、朝も子どもたちを急がせることなく登園準備ができています」と奥様。

 

 

ご主人も子どもたちを保育園にお迎えに行った後の時間もお客様からの予約が受けられる。

 

 

子どもたちは3階で妻がみていてくれているので、僕は安心して仕事に集中できます」とメリットを感じています。

 

 

新居に移ってから明らかに家にいる時間が長くなり、それに比例して夫婦が子どもと接する時間も長くなりました。

 

 

(K邸では部屋ごとに異なるデザインの照明をしつらえ、コレクションのように楽しめます。「移転前のお店と前の住居分を合わせると、かなりの数の照明がありました。買い替えるのはもったいないので、それぞれの部屋のクロスや雰囲気に合わせてつけました」。メタリックなものからレトロなステンドガラス風、モダンなシーリングスポットと実に多彩です。)

 

 

職住が一緒になった新しい家が、うれしい相乗効果をもたらせてくれました。

 

 

そんな明るい住まいをより一層明るく楽しい気分にさせてくれるのが、夫婦共通の趣味でもある、照明たち。

 

 

家の至るところにしつらえられた個性的な照明は、引渡し前の家から持ってきたものも多く、一つひとつに夫婦の思い出が詰まっています。

 

 

(店舗と居住スペースを仕切る階段。店舗内と外両方から入ることができます。)

 

 

 

(子ども部屋は隣り合わせに設置。学習机やベッドは小学校の入学に合わせて準備する予定で、今のところはおもちゃ部屋になっています。)

 

 

「仕事場はインダストリアルな雰囲気、住まいは“明るい家庭”をテーマに家づくりをしました」とご主人。

 

 

2、3階の住居スペースは、1階店舗部分のスタイリッシュな雰囲気と打って変わり、木目や白を基調としたあたたかな空間になっています。

 

 

 

店舗とは別側に設けた玄関から、2階へとつながる白い階段が境界線。ここを上り下りしながら、Kさん夫婦はオンとオフのスイッチを切り替えています。

 

 

(店舗スペースに小屋裏収納を設けたことから、構造的に2階から3階はスキップフロアスタイルになりました。2階の廊下をとおり、短い階段を上がるとそこがリビングです。)

 

 

(「誰でもトイレはゆっくりしたい場所。そう考えて、店舗にも住居にも2つずつ並べて設けました」とご主人。住居のトイレはストライプのクロスでスタイリッシュな印象にしました。)

 

 

(家族全員、衣服はこのファミリークローゼットへ。オールシーズンの衣類があふれんばかりに入っていますが、「お店があると、衣替えのたび出し入れするのが大変なので。子どもたちがそれぞれのクローゼットに片づけるようになるまでは、このままにするつもりです」と奥様。)

 

 

 

 

住居スペースをつくるにあたって、奥様が叶えたかったことのひとつがファミリークローゼットでした。「美容師は、毎日の洋服コーディネートも仕事のうちです。

もっている服がひと目でわかる広いクローゼットはマストでした」

 

 

そんな思いから、2階の中央に10畳ほどの大容量のファミリークローゼットを確保。「あまりにも入るので家族全員のオールシーズンの服を入れました。これで、衣替えの必要がなくなったのは助かります。でも、ちょっと多すぎですね」と、奥様は笑います。

 

 

モダンなシーリングスポットは寝室に、ステンドグラス風のペンダントライトは夫婦の趣味部屋と、部屋ごとに異なる照明。また、クローゼットにはアルファベット柄のポップなタイプ、トイレにはストライプと、ドアを開けるたびに異なったクロスが現れるのも、家族やゲストを楽しませています。

 

 

多彩な2階とはまた表情を変え、3階は仕切りを設けず1フロアをふる活用したリビングダイニング。「部屋をいっぱいつくりましたが、結局みんなの場所が好きですね」と奥様。

 

 

オンタイムは1階で美容師の仕事を楽しみ、夜は家族全員でソファに座り、リラックスタイム。仕事とくらしのバランスは同じでも、オンとオフはしっかり切り替えられています。

 

 

 

(スタッフにモデルウィッグを使ってヘアスタイルやカットの指導をするのも、夫婦のお仕事。リサイクルショップで見つけた学習机が「高さがちょうど良くて便利なんです」と奥様。)

 

 

そんなメリハリのある店舗兼住宅ですが、ときどき、その境界を超える日があります。それが、ご主人が子どもたちに「髪、切ろうか?」と提案をする日。

 

 

パパからの提案は、子どもたちをワクワクさせる魔法の言葉です。普段はなかなか入れてもらえないこの場所へ、その日は堂々と入ることができるのです。

 

 

 

(子どもたちの髪の毛が伸びてくると夫婦で先に気になった方がカットします。休みの日、お客様のいない店でパパやママにカットしてもらう特別感が、子どもたちも気に入っています。)

 

 

奥様がスタイリングのイメージづくりをするモデルウィッグを恐る恐る触ってみたり、シャンプー台のリクライニングシートに座ってみたり、好奇心をくすぐる「やってはダメなこと」も少しだけ解禁です。

 

 

はしゃぐ息子さんをご主人が大きな鏡の前に座らせると、息子さんはちょっとはにかんだような面持ちに。

彼にとって、鮮やかにハサミを動かすパパの格好良い姿を鏡越しに眺めるのも楽しい時間です。

 

 

手際の良いカットが終わり、ワックスで前髪を立てたら、ちょっとお兄ちゃん顔に成長した息子さんができ上がりました。

 

 

退屈そうに隣で待っていた娘さんの髪は、奥様の手でかわいい編み込みヘアに。Kさん一家ならではの、ライフスタイルがそこにはあります。

 

 

 

(マットなネイビーの塗装を施した板壁にレンガを組みあわせた四角い建物。街の中でも異彩を放った外観は、ご主人の意に叶った完成度になりました。)

 

 

(エントランス上に取り付けた看板は、「四角にするか丸にするか形で迷いました」とご主人。丸のバランス感が良いアクセントになっています。)

 

 

(レベルなスピーカーを4台も取り付け、好きなDVDを流したいと思っていたのですが・・・」、今は子どもたちが占領しています。)

 

 

 

サロンの顔ともいうべき受付カウンターは、クールなブルックリンスタイル。

 

メッシュのスティールロッカーや格子を貼った箱形のペンダントライトなど、

 

夫婦で厳選したアイテムが空間づくりに一役買っています。

 

 

 

一人一人、ライフスタイルが違うように、

 

家づくりもふたつとして同じものもありません。

 

「憧れ」や「想い」を形にする家づくりでは、

 

世界に一つだけのストーリーが生まれます。

 

 

作品としての施工実例と違い、今まで見せてこなかったその先のくらし。

それぞれライフスタイルの違うご家族のとても豊かなくらし方を

ふんだんに覗ける一冊となっています。

 

▶「ストーリーのある家づくり」Amazonでお買い求めの方はこちら

 

▶︎施工実例暮らしと仕事が自然と同居している店舗併用住宅【BEAST HAIR】

 

 

▶︎クラシスホームのモデルハウスの詳細はこちら

▶︎クラシスホームの価格ページはこちら

▶︎最新のイベント情報

この記事を見た人は
次の記事もチェックしています。
今、平屋住宅がブーム!人気の理由とメリット&デメリットまとめ

今、平屋住宅がブーム!人気の理由とメリット&デメリットまとめ

家族の距離が近づく、こだわりのモデルキッチン

家族の距離が近づく、こだわりのモデルキッチン

くらしの真ん中に使い勝手の良いキッチンが構える住まい

くらしの真ん中に使い勝手の良いキッチンが構える住まい

キャットウォークを自由に歩き回る猫が中心の穏やかな住まい

キャットウォークを自由に歩き回る猫が中心の穏やかな住まい

お問い合わせ
Contact Us
クラシスホームの家づくりに興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ・資料請求お電話 または メールフォーム 来場予約 お客様相談室ご意見・ご要望はこちら
スタッフ紹介
STAFF
スタッフ紹介
スタッフ紹介
よくある質問
Q&A
よくある質問
よくある質問
メディア情報
MEDIA
メディア情報
メディア情報
採用情報
RECRUIT
採用情報
採用情報
地盤カルテ
LAND
地盤カルテ
地盤カルテ
Blog
BLOG
ブログ
インテリアショップ
モデルハウスサムネイル画像
緑店
モデルハウスサムネイル画像
春日井店
モデルハウスサムネイル画像
豊田店
モデルハウスサムネイル画像
津島店
モデルハウスサムネイル画像
岡崎店
モデルハウスサムネイル画像
半田店
モデルハウスサムネイル画像
一宮店 
モデルハウスサムネイル画像
インテリアショップ ARBO
モデルハウスサムネイル画像
ボタニカルショップ arbo

資料請求・お問い合わせ

モデルハウス見学