BLOG

ブログ
2020.02.15

憧れの造作洗面台のメリット・デメリット ~造作洗面台をつくる際におさえておきたいポイント~

朝起きた時や、夜お休みになる前、お出かけ前の身支度の時にと、毎日あらゆるシーンに欠かせない洗面台。

毎日使う洗面台だからこそ、こだわりの空間にしたいですよね。

 

一般的に洗面台は、各住宅設備メーカーで扱われている『既製品』と、オリジナルで製作する『造作洗面台』の二つに大きく分かれます。

収納量や清掃性、低コストに重点を置かれるのであれば既製品がおすすめですが、雑誌や海外ドラマで見るようなオシャレな水廻りにしたい方や、「既製品ではお部屋のテイストに合わない…」と思っている方、既製品だとちょっとした無駄な空間ができてしまう間取りの方には、造作洗面台がおすすめです。

 

そこで今回の記事では、造作洗面台をつくる際におさえておきたいポイントを、クラシスホームの実例と併せてご紹介します。

 

 

 

1.造作洗面台のメリットとデメリットは?

 

●メリット

  1. 完全オリジナル
  2. 綺麗な納まり
  3. デザイン性の高さ
  4. 機能性アップも可能

 

一番の特徴としては、なんといっても完全オリジナルで自由に造ることができるということ。

既製品と違い、現場で採寸を行い造っていくので、ぴったりサイズで綺麗に納めることができます。

また、造作洗面台にはカウンターの材質や高さ、洗面ボウル、鏡、水栓、収納など、さまざまなパーツや、使う素材・色などが選べるので、デザイン性もこだわることができ、機能性を高めることも可能です。

既製品はすでにサイズが決まっているため、特殊な間取りだと取り付けることが難しくなりますが、造作洗面台では設置場所に合わせて設計・デザインが可能なので、間取りやサイズに合わせた洗面台を造ることができます。

 

 

●デメリット

  1. お手入れしづらくなることがある
  2. 価格が高くなりがち

 

既製品は無駄を無くしたデザインが主流のため、お手入れしやすいものが大半です。しかし造作洗面台の場合は、洗面ボウルとカウンターの部分が一体化されていないことが多く、継ぎ目のお手入れがしづらくなることがあります。また、洗面ボウルと蛇口の相性が悪いと、水が想像以上に飛び散ってしまうことも。

更に、造作洗面台はオリジナルで製作するため、工場で大量生産される既製品と比べると、価格が高くなりがちです。

 

 

 

2.洗面ボウルの設置スタイル

 

さまざまなパーツをセレクトして造り上げる造作洗面台。パーツは素材や色だけでなく、設置スタイルによっても印象がガラッと変わります。

例えば洗面ボウルだけでも、ベッセル(置き型)タイプや、埋め込みタイプ、カウンター一体型、アンダーカウンタータイプなど、様々な設置スタイルが存在します。

 

 

・ベッセル(置き型)タイプ

 

カウンター材の上に洗面ボウルを据え置くスタイル。

洗面ボウルのフォルムが活かせるので、ボウルのデザイン自体が洗面室のアクセントとなり空間を演出していきます。ホテルライクな空間などによく使用されているスタイルです。

愛知県東郷町 N様邸

 

 

 

・半埋め込みタイプ

 

半埋め込み型洗面器は、洗面器の厚み半分ほどが、カウンターから下に埋め込まれるように設置するスタイル。

洗面器の正面部分がカウンターから若干見えるようになっている洗面器です。

愛知県知多郡 S様邸

・カウンター一体型

 

カウンターとボウルに継ぎ目のない一体形状のデザイン。清掃性に優れ、お手入れもラクラク。

愛知県日進市 K様邸

・アンダーカウンタータイプ

 

カウンター下から洗面ボウルを直接取り付けるスタイル。

見た目がすっきりするため、クールでスタイリッシュな洗面台を演出することができます。

カウンターと洗面ボウルに段差が生じないため、水仕舞いがよくお手入れしやすい点も特徴です。

 

 

3.素材選び

 

デザイン重視で選んでしまうと、使い勝手が悪かったり、後々不満を感じてしまうことも。

造作洗面台はデザインだけでなく素材選びも大切です!

 

 

・木の集成カウンター

 

本物の木材にウレタンという塗料で仕上げをした集成カウンター。水や傷にも比較的強く、木の種類によって色々な味わいが楽しめます。

なんといっても本物の素材感と経年変化を楽しみたい方にはおすすめです。

左:愛知県 M様邸

真ん中:愛知県岡崎市 N様邸

右:愛知県 K様邸

 

・一番よく使われるメラミン樹脂

 

 

メラミン化粧板はプラスチックだと思っている方が多いのですが、材料は紙とメラミン樹脂で出来ています。紙と化粧紙(木目や単色)を合わせて、樹脂に浸し、当て板と一緒に高温高圧プレスをする事によって、固い板となります。当て板の種類でマット調、鏡面仕上げ、エンボス仕上げなどいろいろな表面の仕上げができます。

また、湿気で腐ることがないので、水廻りには最適な仕上げ材です。

左:愛知県 Y様邸

真ん中:愛知県 H様邸

右:愛知県 S様邸

・ドイツ・ベルギー生まれの特殊素材、モールテックス

 

通常のモルタルだとヘアクラックが必ず入ってしまうので、水廻りにはあまりおすすめしていませんが、“モールテックス”は特殊な樹脂をモルタルに混ぜることによってひび割れがしにくく、水にも強いので、洗面やキッチンなど水がかりのある場所にも使用できます。

左:緑店モデルハウスB

真ん中:愛知県 O様邸

右:津島店モデルハウスB

 

 

4.収納を考える

 

収納には「隠す収納」と「見せる収納」の2種類があります。

 

 

 

・隠す収納

 

扉付収納や引き出しにもこだわりたい方は、家具のように造る造作収納タイプの洗面台がおすすめです。

引き出しを設けたことで小物の仕分けがしやすく、ごちゃごちゃしがちな洗面周りをすっきりと隠すことができます。

左:愛知県一宮市 N様邸

真ん中:愛知県安城市 T様邸

右:愛知県名古屋市 W様邸

 

 

 

・見せる収納

 

すぐに取り出しやすく、また収納していると同時にディスプレイの役割も果たすため、空間の雰囲気づくりにも役立ちます。

左:愛知県岡崎市 F様

真ん中:愛知県あま市 K様邸

右:愛知県知立市 I様邸

 

 

5.後に

 

一言で造作洗面台といっても、サイズ、形状や使い勝手、ボウルや水栓金具選びから、素材まで、、さまざまな選択肢の中から世界にひとつだけの洗面台を造る楽しさがあります。

この機会に、自分好みの洗面化粧台を少し考えてみてはいかがでしょうか?

家族が毎日気持ちよく過ごせるように、そしてお客様にも気持ちよく使ってもらえるように、素敵な洗面室を造っていきましょう!

 

新たに2月29日より春日井店がリニューアルオープンし、愛知県内にテイストの異なる7店舗のモデルハウスをご用意しています。

是非、お近くのモデルハウスまでお立ち寄りください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

 

▼クラシスホームのモデルハウスの詳細はこちら

 

▼施工実例ページ(造作洗面台)

 

▼最新のイベント情報

 

この記事を見た人は
次の記事もチェックしています。
趣味を楽しむ豊かな暮らし、間取りや素材にもこだわり抜いた自慢の家

趣味を楽しむ豊かな暮らし、間取りや素材にもこだわり抜いた自慢の家

今、平屋住宅がブーム!人気の理由とメリット&デメリットまとめ

今、平屋住宅がブーム!人気の理由とメリット&デメリットまとめ

お部屋の内装は壁で決まる!~ペイントとクロスの特徴~

お部屋の内装は壁で決まる!~ペイントとクロスの特徴~

「新居の暮らし方をイメージしてもらう」。理想の間取りを導くために、プランナーがこだわること

「新居の暮らし方をイメージしてもらう」。理想の間取りを導くために、プランナーがこだわること

お問い合わせ
Contact Us
クラシスホームの家づくりに興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ・資料請求お電話 または メールフォーム 来場予約 お客様相談室ご意見・ご要望はこちら
スタッフ紹介
STAFF
スタッフ紹介
スタッフ紹介
よくある質問
Q&A
よくある質問
よくある質問
メディア情報
MEDIA
メディア情報
メディア情報
採用情報
RECRUIT
採用情報
採用情報
地盤カルテ
LAND
地盤カルテ
地盤カルテ
Blog
BLOG
ブログ
インテリアショップ
モデルハウスサムネイル画像
緑店
モデルハウスサムネイル画像
春日井店
モデルハウスサムネイル画像
豊田店
モデルハウスサムネイル画像
津島店
モデルハウスサムネイル画像
岡崎店
モデルハウスサムネイル画像
半田店
モデルハウスサムネイル画像
一宮店 
モデルハウスサムネイル画像
インテリアショップ ARBO
モデルハウスサムネイル画像
ボタニカルショップ arbo

資料請求・お問い合わせ

モデルハウス見学